×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



C#

IDE(Visual Studio 2012 Express)からアプリケーション固有のプロパティファイルを編集する方法。



image ソリューションエクスプローラーを右クリック

追加

新しい項目をクリック

image 「設定ファイル」を選択

名前を指定

追加ボタンをクリック

image 追加したsettingsファイルを開き、任意の項目を表形式で追加する。
※スコープが「アプリケーション」だと、プログラムから設定ファイルの値を変更する事が出来ない。
 「ユーザ」だとプログラムから変更する事が可能。

【設定したプロパティの取得、値変更例】
  1. using System;
  2. using System.Linq;
  3. using System.Text;
  4. using System.Threading.Tasks;
  5. using System.Threading;
  6. using System.Windows.Forms;
  7. namespace WindowsFormsApplication1
  8. {
  9.     public partial class Form1 : Form
  10.     {
  11.         public Form1()
  12.         {
  13.             InitializeComponent();
  14.         }
  15.         private void getButton_Click(object sender, EventArgs e)
  16.         {
  17.             // プロパティファイルから値を取り出す
  18.             // global::(名前空間の名称).(設定ファイル名).Default.(設定項目名)
  19.             textBox1.Text = global::WindowsFormsApplication1.testSettings.Default.testA;
  20.         }
  21.         private void saveButton_Click(object sender, EventArgs e)
  22.         {
  23.             // プロパティの値を変更
  24.             global::WindowsFormsApplication1.testSettings.Default.testA = textBox2.Text;
  25.         }
  26.     }
  27. }
追加したsettingsファイルをPropertiesの下に配置すると、
「Properties.testSettings.Default.testA」という形式でアクセスすることも可能。

image

実行ファイルダウンロード

戻る